トレンド

スッキリで画面が真っ黒になった様子を動画で確認!放送事故?それとも大人の事情?

5月21日放送の『スッキリ』にリモート出演したモーリー・ロバートソン氏の発言が意図的にさえぎられたのではないかと話題になっています。

モーリー氏がコメントをしている最中に突如としてリモートの画面が真っ黒になったということで、多くの人が疑念をいだいています。

これはなにかありそうですね…。

というわけで今回はその時の様子を動画で確認してみたいと思います!

[toc]

スポンサーリンク

モーリー氏の画面が切れた時の動画

↓こちらの動画からモーリー氏のリモート画面が切れた時の様子が確認できます。

まいじつの記事にその時の詳細な様子が説明されていたので、引用します。

モーリー氏は「(黒川氏は)検事総長に昇格が見込まれていた方ですよね。その後のネタを、今からネンゴロにしておかなきゃっていう意識が新聞記者側にあったのかなと思ったんですけども、表立っては新聞って保守・革新と対立した世論を出しているんですよね」「ところが裏では、みんなで仲良くやっているということは、報道そのものがある種出来レース。身内で役割分担をして双方がもうけているだけなんじゃないかと不信感を抱かせかねない。真面目に中立にやっている記者がかわいそうですね」と持論を述べていく。

ここで加藤が、「(黒川氏が)辞任して次に誰になるの?っていうより、根本的な問題をもう一回考えないとダメなような気がするんですけど…」と話を展開させる。それにモーリー氏が「そうですね、やはりメディアが中立性を保つ必要がありますし、これまでの報道も、安倍政権に厳しい新聞と優しい新聞があったんですけども、こういう形で…」とまでしゃべったところで突如、映像が途切れ、モーリー氏が映っていた画面は〝真っ黒〟になってしまった。

(引用:まいじつ:『スッキリ』闇が深過ぎる“放送事故”に騒然…「大人の事情?」

状況を簡単に説明すると、「黒川弘務検事長と新聞記者の賭け麻雀報道」で、モーリー氏が日本のメディアのマッチポンプ的な体質のことを話している最中に画面が切れてしまいます。

このような裏側の話を大衆に知られてしまうのは、新聞やテレビなどのメディアにとって、とても都合の悪いこと。

聡明なモーリー氏がその闇に切り込んでいってしまったので、テレビ側が意図的に回線を切断したのではないか?というのが今回のあらましです。

スポンサーリンク

モーリー氏も「おかしい」とコメント

モーリー氏もこの状況に疑念を拭えなかったのか、回線が切れた5分後にツイッターにて、「おかしい。なにかおかしい。」とコメントを残しています。

ネット上でもやはり、なにか意図的なものを感じるという声が多数あがっていましたので、まとめておきます。

○ネットの声

皮肉にもモーリー氏が言及していた日本メディアの闇を自ら証明するかたちになってしまったということなのでしょうか?

まとめ

というわけで、今回はモーリー氏のリモート画面が切れた件について、まとめてみました。

真相は定かではありませんが、かなり黒に近いと思いました。

今後のモーリー氏の立ち回りに期待したいと思います!

スポンサーリンク