YouTuber

ウマヅラビデオwikiプロフィール!学歴についても!

 

都市伝説系YouTuberとして、今もっとも若者に支持されている「ウマヅラビデオ」を知っていますか?

2020年2月現在、チャンネル登録者数 は105万人を達成しています。

 

都市伝説に特化したその他のチャンネルでいうと、

 

キリン【考察系youtuber】(チャンネル登録者数 117万人)

Naokiman Show(チャンネル登録者数 108万人)2020年1月19日 行列のできる法律相談所に出演

 

などがいますが、「ウマヅラビデオ」は上のようなテレビ出演の経験があるyoutuberと肩を並べるほどの登録者数を獲得しているので、「都市伝説系YouTuber」の中ではかなりの強豪だと言えるでしょう。

彼らは3人組でボケたりツッコんだりしながらおもしろおかしく、都市伝説を紹介するスタイルをとっています。

3人ともそれぞれに親しみやすいキャラクターを確立していますが、何故かあまり素性が明かされず、彼らの経歴はまるで都市伝説のように謎に包まれているのです。

ということで、今回はその謎を暴いていきたいと思います!
 
[toc]
 

スポンサーリンク

3人のプロフィール

 

○ウマヅラ

名前 ウマヅラ

本名 青柳裕也

生年月日 1996年9月29日(てんびん座)

年齢 23歳(2020年2月現在)

血液型 A型

身長 168㎝

出身地 ポポナロ県

 

トリオのリーダーでツッコミ担当、進行役。

彼は本名を公式には明かしていませんが、動画中に名前が映り込み、身バレしてしまいました。

出身地のポポナロ県というのはジョークのようです。

ポポナロ県は実在していませんが、東ティモールに「ボボナロ」という場所があります。

 

○否メンディー

名前 否メンディー(いなメンディー)

本名 非公開(〇〇 とおる説あり)

生年月日 1997年3月3日(魚座)

年齢 22歳(2020年2月現在)

血液型 O型

身長 180cm

体重 非公開

出身地 埼玉県

 

トリオの大ボケ的存在。「めげないマン」というフレーズを濫用し、動画内では、ほとんどまともな発言をしていません(笑)

高校で野球をやっていたようで、かなりガタイがいいですね。

最近の動画だと、初期の頃より体重が増えてきたようにも見えます。

 

○べーこん

名前 べーこん

本名 わたなべ? (名前非公開)

生年月日 1997年2月26日(水瓶座)

年齢 23歳(2019年2月現在)

血液型 O型

身長 160㎝以上?

出身地 千葉県

 

関暁夫(せきあきお)担当。

テレビ番組「やりすぎ都市伝説」の看板的な存在として、オカルト界で有名になった関暁夫。

べーこんは顔が関暁夫に似ていることから、ウマヅラビデオの関暁夫役としてそのキャラクターを確立しています。

動画内ではメイクや髪型まで関暁夫に寄せていますが、その言動はちんぷんかんぷん(笑)。

言うなれば、誇張しすぎた関暁夫といったところでしょうか。

しかし、そのおふざけキャラに反して動画以外のところではかなりのオシャレイケメンのようです。

スポンサーリンク

3人の学歴は?実は頭がいいという説も…。

○ウマヅラの学歴について

 

彼の本名「青柳裕也」で画像検索すると、こんな記事がトップに出てきました。

https://www.dhw.ac.jp/feature/award/2015commendation/?referrer=https%3A%2F%2Fwww.google.com%2F

 

こちらの記事は「デジタルハリウッド大学」の公式ページのニュースです。

記事の内容は2015年前期成績優秀者および学内学外で活躍した学生を学長が激励というもの。

なんとこちらの記事に一年生の成績優秀者として「青柳裕也」さんがしっかりと写真に収められていました!

 

デジハリ大は偏差値こそ高くないものの、れっきとした4年制大学です。

ゲーム・プログラミング、映像など専門的な技能を磨きにきた猛者たちがいる中で、優秀な成績を残すことができた「ウマヅラ」こと「青柳裕也」さんは、なかなかクレバーな才能の持ち主なのではないでしょうか。

 

その後、彼は成績優秀者として学校に通い続けたのかと思いきや、たびたび、

大学に行きたくない

YouTubeに専念したい

ということをツイートしています。

 

また、一年近く、学校に行くのを忘れていた」というツイートをしており、中退したのではないかという説もあります。

確かにここまでYouTubeで人気が出れば、大学に行きたくなくなる気持ちもわからないではないですよね。

 

○否メンディーの学歴について

最近まで千葉?の大学に通っていたようですが現在、休学しているようです。

このツイートが5ヶ月前のことなので、すでに中退しているかもしれません。

高校では野球をやっていたようですが、どの学校かまでは分かりませんでした。

また彼は、ある動画でインテリな発言をしたことで「高学歴説」が浮上します。

↓こちらの動画で「階差数列です、これ…」「Σをとって計算したくなっちゃった」という発言をしています。

しかし、これは「普通の高校で習うレベル」のことなので、特別に頭がいいというわけではなかったようです…。

 

○べーこんの学歴について

彼からは学校関係の情報が全く出てきませんでした。

否メンディーと同じく、高校で野球をやっていたようです。

 

「ウマヅラビデオ」Youtubeの収益はいくら?

「ウマヅラビデオ」は動画投稿を2011年から開始しており、YouTube歴だけでいうとヒカキンと同期になります。(当時はウマヅラ一人だけ)

ですが、人気が出始めたのは最近のようですね。

さて、気になる収益ですが、「noxinfluencer」という推定サイトによると、

現在のYoutube 広告収入の推定収益(月間)は

 

490.54万円〜1553.4万円

 

となっています。

YouTubeでの広告収入以外にも、企業案件の動画制作を受けると一件100万〜300万くらいの報酬を受け取ることもあるようなので、さらに稼いでいると思われます!

事務所を辞めた理由と今後の活動について!

彼らは2019年の12月頃までE-DGEというインフルエンサープロダクションに所属していました。

2年の契約だったようで、それが切れたタイミングで辞めたとのことでした。

特に理由は語っておらず、↓こちらの動画ではただ契約が切れたから辞めたと言っています。

 

かなり有名になったので、あまり事務所に所属するメリットがなくなってしまったのかもしれませんね。

 

さて、今後の活動が気になるところですが、彼らはチャンネル概要欄に

 

「新たな時代へ向けて着々と準備を進めています。。。」

 

という意味深なコメントを残しています。

 

リーダーのウマヅラは2011年から動画投稿を開始しており、世間的にはかなり早い段階で動いているように感じます。

このような先を見通す力とクレバーな才能を持ち合わせる彼が率いる「ウマヅラビデオ」は今後どのような活躍を見せてくれるのか、期待が高まりますね。

スポンサーリンク