トレンド

アビガンの副作用は大丈夫?コロナウイルス治療薬について!

(フリー素材です)

22日、新型コロナウイルスの患者に対して「アビガン」が投与されました。

アビガン」は新型のインフルエンザ治療薬として開発されたものですが、今回のコロナにも一定の効果がみられるということで、投与が開始されました。

さて、この「アビガン」どれくらいの効果があるのか?副作用は大丈夫なのか?

とても気になるところです!

というわけで今回は「アビガン」の効果と副作用について調べてみました!
[toc]

スポンサーリンク

「アビガン」とは?

(フリー素材です)

2014年3月に「富士フイルム富山化学」が開発した新型インフルエンザの治療薬です。

産経新聞の記事によると、

アビガンは、新型コロナウイルスやインフルエンザウイルスのような「RNAウイルス」の増殖を抑える効果が期待されている。

とのこと。

アビガン」はファビピラビルという成分できており、これがウイルスの増殖を抑えるようです。

スポンサーリンク

「アビガン」コロナに効果なし?

開発した富士フイルム富山化学は、

「アビガン」がコロナに対して有効であるというデータはない

と回答しています。

ところで、このアビガンは新型コロナウイルスに効果があるのだろうか。富士フイルム富山化学の広報担当者は、「現段階では、コロナウイルスに対してアビガンが有効であるというデータは得られていない」と本誌(日経バイオテク)の取材に答えた。ただ、「今後、新型コロナウイルスに対して治療効果を検証したり、それに伴ってアビガンを提供したりするように要請を受けた場合は、前向きに協力したい」(広報担当者)との見解も示した。

(引用)日経バイオテク https://bio.nikkeibp.co.jp/atcl/news/p1/20/01/28/06477/

これは恐らく、「今の段階では科学的に効果があるとは言い切れない 」という意味なのだと思います。

コロナウイルスが流行りだしたのが、つい最近のことですから「コロナウイルスの患者に対して「アビガン」を投与した場合の十分な実験データがとれていない」ということでしょう。

全く効果がないというわけではなさそうですが、非常に頼りない回答ですね。

しかし、この記事は2020/1/28に書かれたものなので、約一ヶ月後の現段階(2020/2/22)においては、何らかの有効性が確認できたのかもしれません。

では、「どんな有効性が確認できたのか」「どんな効果が得られたから投与を開始したのか」ということが気になりますが、そこまでは触れられておらず、調べてもわかりませんでした。

「アビガン」の副作用は?

副作用の情報ですが、ネット上ではかなり錯綜していて、混乱中です(笑)

・とんでもなく副作用が強いから危険だという人たち

・副作用は普通の薬と同じくらいだから問題ないという人たち

で見解がかなり真っ二つに分かれています。

というわけで、現段階で少しだけ調べてわかったことをまとめます。

NHKニュースwebによると、

2014年に医薬品として承認されましたが、副作用の懸念があることから、ほかの薬が効かない場合にかぎって使用することになっています。

とのこと。

ではどのような副作用の懸念があるのでしょうか?

アビガン」の説明ページに副作用が記載されていました。

こちらは実際に発生した副作用ではなく、似た薬で発生した重大な副作用の一覧です。

他の抗インフルエンザウイルス薬で次のような重大な副作用が報告されているので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと。

ショック、アナフィラキシー

肺炎

劇症肝炎、肝機能障害、黄疸

中毒性表皮壊死融解症(Toxic Epidermal Necrolysis:TEN)、皮膚粘膜眼症候群(Stevens-Johnson症候群)

急性腎障害

白血球減少、好中球減少、血小板減少

精神神経症状(意識障害、譫妄、幻覚、妄想、痙攣等)

出血性大腸炎

https://www.kegg.jp/medicus-bin/japic_med?japic_code=00066852

実際に「アビガン」を使った臨床試験では501例中、副作用が100例で、主な副作用は血中尿酸増加とあります。

血中尿酸の増加は痛風などの原因になるもので、「重大な副作用」には含まれません。

ということは、これまでの臨床試験中に実際に起きた副作用で重大なものはなかったということですね。

しかし、このようなインフルエンザ治療薬には副作用の強いものが多いため、慎重に使う必要があるよね!というのが慎重派の見解なのだと思います。

ネットの声

アビガン」に関する現在の世間の反応です。

 

いろんな見解があって、専門家でもない私たちはどの情報を信じていいのかわかりませんね…。

まとめ

さて、「アビガン」の効果と副作用についてまとめてみました。

現在「アビガン」の効果と副作用の見解が、真っ二つに分かれて混沌としているので、誤情報に惑わされないように気をつけてください!

今後も注目し、こちらに正確な情報を追記していきたいと思います!

スポンサーリンク