美容系

クエン酸リンスの効能についてくわしく解説します!

(フリー素材です)

こんにちは! 藤原のパクチーです。

前回の記事では「アーユルヴェーダ石けんの効果について取り上げました。

アーユルヴェーダ石けん」の中には髪の毛の洗浄ケア必要な成分が全て含まれているので、これだけ使っておけば問題ない!と書きました。

ですが私はさらにもうひとつだけあることをしています。

それは、リンスです(笑)

髪の毛に関しては、どうしてもアフターケアとしてクエン酸のリンスをしてあげた方がいいんですね。

さて、私は前回の記事で世の中の企業はアフターケアをめちゃくちゃ勧めることでたくさん儲けているという話をしました。

これからアフターケアの話をするので「さてはあなたも?」と思われていそうですね(笑)

しかし、リンスは石けんや髪の毛の性質上どうしても必要なことなので、ご容赦ください!

では今回はなぜリンスをした方がいいのか?ということについて、オーガニックリンスの効果に迫りながら解説していきます!

髪の毛のキューティクルを閉じるため

(フリー素材です)

キューティクルとは髪の毛を守る膜のようなものです。

髪の毛を触った時にツルツルしますよね。それです、それがキューティクルです。

アーユルヴェーダ石けんなどの「石けん系」のもので髪の毛を洗うと、このキューティクルが開いてしまいます。

石けんで髪の毛を洗うとツッパリ感があったり、指を通した時に引っかかりますよね。これがキューティクルが開いた状態です。

キューティクルが開いてしまうと、そこから栄養分や水分が流れ出して、傷みやすくなります。

そこで、なるべく早くキューティクルを閉じるために「クエン酸リンスが必要になります。

クエン酸リンスの効能について

(フリー素材です)

クエン酸リンスとは植物由来の成分を混ぜて作ったお酢のようなものです。

実際に食用のお酢クエン酸リンスと同等の役割を果たしてくれます。

クエン酸リンスお酢は石けんで開いてしまったキューティクルを閉じてくれるのです。

では、このメカニズムを簡単に説明します。

(ちょっと科学っぽい話をするので難しいと思ったら次の見出しまで飛ばしてください。)


 

髪の毛は常に弱酸性の状態を保とうとしている!(らしい)

石けん (アルカリ性)で洗うと髪の毛が弱酸性からアルカリ性にかたむくキューティクルが開いてしまう状態

クエン酸リンス(酸性)で髪の毛の状態を弱酸性に戻す!キューティクルが閉じる!!

HAPPY!


だいたいこんな感じです。

まとめると、

弱酸性の髪の毛は石けんで洗うとアルカリ性になるので、クエン酸リンス(酸性)弱酸性に戻そう!

という話です。

実際にやってもらうとわかるのですが、石けんで頭を洗ったあとにクエン酸リンスを使うと指通りがなめらかになるし、乾いた後もサラサラになります。

さて、ここで気をつけてほしいのは弱酸性が良いとかアルカリ性が悪いとかそういう話ではないということです。実はみなさんが大好きな温泉は、アルカリ性なんですね(笑)

なので、〇〇性のものを使った方がいいとか、××性はダメだとか一概には言えないんです。

ややこしいですね(笑)

クエン酸リンスで洗うときのコツ

(フリー素材です)

普通のリンスのやり方とほとんど変わりません。

ただ、粘り気もなく水みたいにサラサラ落ちてしまうので、最初のうちは髪の毛全体にリンスを行き渡らせるのが難しいと思います。霧吹きなどを使うのがオススメです。

また、髪の毛の状態が弱酸性に戻るまで、ある程度時間をおいてから流してください。

自分は3~4分以上放置してから洗い流しています。髪の毛全体の指通りがスムーズになってきたら流しどきです。

そして注意してほしいのが、自然由来とはいえ酸性なので、リンスがお肌の荒れている部分に触れたり、目に入ったりするとまあまあ痛いです(笑)気をつけてください。

結論、クエン酸リンスは良い。

クエン酸リンスは良いというか、石けんで頭を洗ったあとは傷みやすくなるので、必ずクエン酸リンスをした方が良いです。髪の毛を乾かしたときの仕上がり感が本当に違います!

あと、値段はかなり安いです。市販のリンスを買うのがバカらしくなるくらい安いのでみなさんもぜひ自分に合うものを探して使ってみてください!